洗顔料のタイプと選び方

洗顔はスキンケアの基本ですが、正しい洗顔方法で行うことはもちろん、自分の肌に適した洗顔料を使用することがスキンケアを行う上で重要となります。

現在ではさまざまなタイプの洗顔料が市販されていますが、製品によって特徴は異なります。ここでは洗顔料のタイプごとにその特徴を紹介していきます。

チューブ容器に入ったフォームタイプの洗顔料は、手軽に使用できることから使っている人が多い洗顔料です。

また、使用する分だけチューブから出すため、空気による酸化や雑菌の繁殖も抑えられるので、衛生面でも安心感があります。

最近では、ポンプを押すと洗顔フォームが泡となって出てくるものもあり、泡立ての手間が省けることから人気があります。

根強い人気を誇るのが、固形石鹸の洗顔料です。

基本的には「化粧石鹸」の表示があるものが洗顔に適しています。

近年では様々な美容成分を配合した石鹸も多く、そのバリエーションの豊富さが人気の理由の一つとなっています。

ただし、使用後はしっかりと水切りするなど、保管に少し手間がかかります。

敏感肌の人におすすめなのは、肌にあまり負担をかけないミルクタイプの洗顔料です。ミルクタイプは他の洗顔料とは使用方法が異なり、肌に直接つけて馴染ませながら汚れを取り除いていきます。

その他にも、パウダータイプの洗顔料がありますが、こちらは保管の際に湿気に注意する必要があります。

洗顔料は毎日のスキンケアで使用するものですから、自分の使いやすいタイプの洗顔料から汚れ落ちや洗い上がりも考慮した上で選びましょう。また、正しい洗顔方法を守って汚れをきちんと落とすことを意識するのも大切です。