スキンケアの仕上げにはクリーム

スキンケアの最後には、美容クリームで仕上げるのが、一般的な異手入れの流れです。
なぜ最後にクリームの利用が必要なのか、知ってから使用すると、大切であることが理解できます。

スキンケアは、お肌に化粧水で水分を与えて、美容成分たっぷりの、美容液を塗布することもあります。

この段階で、かなり素肌はうるおいます。

しかし、その状態でお手入れを終わると、せっかくの水分は蒸発を加速させます。
つまり、肌が乾燥してしまうのです。

乾燥肌にさせないためにも、スキンケアの最後には、美容クリームが役に立ちます。
化粧水はメインが潤いの水分ですが、クリームは程よい油分を含んでいます。

最後に使うことで、肌に薄い油膜を作ることができます。
これが、肌の潤い蒸発を守ってくれることになります。

化粧水もつけたし、美容液もつけたから、もう肌がしっとりしていて満足、と思ったら違います。

最後の締めである油分は、その潤いをキープするために、必須とも言えるケアなのです。油分だけではなく、最初の水分が必要で、そのあとには適度な油分を必要とするのが、人間の肌です。

しかし、いくら油分が必要でも、過剰に塗るのは控えましょう。

美容クリームは、使用方法などにも記載されている、適量を守りましょう。
そうすれば、無駄にべたべた感を感じなくて済みますし、肌をいい状態でしっとりとさせてくれます。

スキンケアの最後には、適量のクリームで、素肌を守ってあげましょう。