正しい化粧水の使い方でスキンケアを見直そう

女性なら誰しも、毎日何らかのスキンケアをしていますね。

その中でも最も多くの方が使っているのが、化粧水なのではないでしょうか。

とりあえず顔を洗ったら化粧水をつけて、そのあと美容液をつけたり乳液をつけたりします。

そうやってスキンケアで下地を作り、その上からお化粧をするという方がほとんどでしょう。

夜はその上にアイクリームなどを塗って寝るというパターンが多いかもしれませんね。
しかし、最初につける化粧水を意外と適当につけてしまっているという方がたくさんいます。

でも、これをおろそかにしていると、そのあとのスキンケアが意味のないものになってしまいます。

化粧水は肌の水分量を保ち、保護するためのものです。
乳液やクリームなどはその上に塗って、水分が逃げないように蓋をする役割です。
ですから、適当につけていたのでは水分が全然顔に浸透していないので乳液を塗っても顔がべたつくだけという結果になってしまうのですね。

ではどうすればいいのかというと、時間がなくても化粧水を手に取ったらしっかり顔にたたきこむのです。

肌が手に吸いついてくるくらいまでは叩き込みましょう。
時間がある時は、ローションシートなどに浸して5分くらい顔の上に乗せておくと、水分量が増して肌の透明感がアップします。

その上からしっかり乳液やクリームで蓋をすることになります。
この少しの手間をかけるだけで、顔のてかりが防げますし、肌荒れなどのトラブルから肌を守ることになるのです。