スキンケアには使う順番も重要

スキンケアは何を使うかも重要ですが、どの順番で使うのかということもとても重要です。

メイク道具に役割があるように、基礎化粧品の1つ1つにも役割があります。

そのため乳液が化粧水の代わりをしたり、美容液が乳液になるということもありません。

化粧水には肌の水分を補給するという役割があります。

化粧品メーカーによって多少異なりますが、基本的な順番は化粧水、乳液、美容液、クリームです。

一番最初に使う化粧水には肌の水分を補給するという役割があります。

そのためコットンに適量を取って、何回もパッティングをします。
乳液は肌の油分をコントロールしてくれます。
美容液は塗るサプリメントと言われています。
その名の通り、肌に不足した栄養を塗ることで補ってくれます。

美容液にも様々な種類があり、アンチエイジングや美白など、自分の肌に求めるものを集中的に補うことができます。

最後に塗るクリームには塗った化粧品の水分や栄養などが逃げてしまわないためのサランラップのような役割があります。

ベタつきが気になる方もいるかもしれません。

しかしクリームを塗らないとそれまでの過程が無駄になってしまうので、必ず塗るようにしてください。

順番を守って使っていても、メーカーがバラバラではあまり効果を発揮しません。
というのも、スキンケアを作るメーカーは自社ブランドの商品をそろえることを前提に製造しているからです。

もし、自分の使ってるスキンケアラインにクレンジングや洗顔フォームもあるのなら、全て揃えて使うと肌の水分バランスも整い、肌トラブルを予防できます。