クレンジングの種類と使い方

メイクをするなら、クレンジング剤は欠かせないスキンケアアイテムです。

現在では色々なタイプのクレンジングが発売されていますが、タイプによってクレンジング力や使用方法が異なります。

最近では、クレンジング後にそのまま洗い流せるジェルタイプのものが人気を集めているようです。

ジェルタイプは肌への負担が少なくメイクを落とせますが、アイメイクなどの密着度が高いメイクを綺麗に落とすのには不向きです。

そのため、アイメイクや口紅などは専用のクレンジング剤を使用して落とした方が良いでしょう。

ミルク状やクリームタイプのクレンジング剤はジェルタイプよりもクレンジング力は高くなります。

使用方法はクレンジング剤をよくメイクに馴染ませ、コットンで丁寧に拭き取っていきます。

そのため、メイク落としには少し時間がかかりますし、拭き取る際には肌を擦らないよう注意することが必要です。

オイルタイプのクレンジング剤は最もクレンジング力が強く、重いメイクを落とすのに向いています。

しかし、その分肌への負担も大きいので、敏感肌の人には向いていません。

クレンジング後は肌に残ったオイルをしっかりと落とすため、洗顔も丁寧に行う必要があります。また、手軽に使えると人気なのがシートタイプですが、こちらはメイクとクレンジング成分を馴染ませずに拭き取っていくため、汚れを完全に落とせない場合が多いようです。

メイク汚れは肌に負担をかけるだけでなく、その後のスキンケアの効果も低下させてしまいます。

クレンジングは汚れをただ落とすだけでなく、その後のスキンケアの準備段階として必要なステップであることを意識し、正しい方法で使用することが大切です。