基礎化粧品の正しい使い方

自分なりにスキンケアをしているが、特に肌の状態が良くなったということも無く、様々なメーカーの化粧品を試したり、使用する化粧品をどんどん増やしているという人も少なくないようです。

また、基礎化粧品を使う順番についても、メーカーによっては少し順番が違う場合もあるため、混乱しているという人もいるでしょう。

そこで、スキンケアを行う際の正しい化粧品の使い方についてご紹介しましょう。

まずは洗顔方法ですが、メイクをしているならクレンジングでメイクと汚れを落とし、その後洗顔料などで洗顔します。

肌についた汚れを綺麗に落とすことで、その後の基礎化粧品の浸透も異なってきますので、丁寧に洗顔しましょう。

洗顔後は、最初に化粧水をつけます。

洗顔後の肌は皮脂が取り除かれているため、水分が蒸発しやすくなっています。そこで化粧水でまず水分をたっぷりと補い、次に必要であれば美容液をつけましょう。

乳液やクリームなど油分が含まれているものはその後で肌につけるのが適切です。

油分を先につけた場合、水分は弾かれて肌に吸収されません。そのため、水分に近い成分のものから順番につけていくのが正しい方法です。

また、化粧品をつける順番だけでなく、タイミングもスキンケアの上では重要となってきます。

洗顔後はすぐに化粧水をつけるべきですが、それが肌に浸透する前に美容液や乳液をすぐにつけてしまうのは間違った方法です。

先につけた化粧品が肌にしっかりと馴染んでから、次の化粧品を使用した方が肌に浸透しやすくなり、化粧品の効果も高めることに繋がります。